資産活用のために始める賃貸経営|魅力HOME計画

家

物件を売り込む

マンション

賃貸経営を行う場合は、物件の良さについて売り込んでいくことが必要になります。また、入居者と大家同士でやりとりが出来るサービスもあるので、活用することで空室率を下げることが出来ます。

もっと詳しく

内装や設備の充実

マンション

賃貸経営で多くの入居者を確保していくためには、内装や設備を住みやすいように変えておくことも重要であると言えます。定期的にリフォームを行ったり。購入時にチェックをしっかり行うことが大切です。

もっと詳しく

トラブルを解決

マンション

賃貸経営を行っていると、様々なトラブルに遭遇してしまいます。早めに対策を行っておかないと、その物件に対して悪い評判が集まってしまうので、入居率ダウン回避のためにトラブルの対応策を決めておくことが肝心です。

もっと詳しく

質の高さを重視する

株の投資法について豊富な知識を伝授します!インベスター・ネットワークス株式会社が投資家をサポートする味方になりますよ。

賃貸経営テクニックを身につけることによってしっかりと収入を得ることが可能になってきますよ。どうすればいいかはこちらをご覧ください。

質の高い物件を見分けるテクニック

不動産

最近注目されている一棟売りマンション投資の中でも、築20年前後の中古物件は非常に魅力的である。その最大のメリットは新築よりも3割程度割安な価格帯にあり、そのために7パーセント以上の利回りを確保することも可能である。また地方都市の格安物件を選ぶことで、実質利回り10パーセント以上も実現可能であろう。しかし安定したマンション経営を行うときには、質の高い中古物件を選ぶべきである。特に一棟売りマンションを選ぶときには、建物の外観全体をチェックするだけではなくて、タイルや塗装の状態も丹念にチェックするべきであろう。特にコンクリートにひび割れがあったり剥落箇所がある物件を避けることで、賢いマンション経営が行えるであろう。

一棟売りマンションはオーナーが自由自在にカスタマイズできるので、創意工夫で収益性を高めることが可能である。特に賃貸経営の初心者の場合には、必要な部分はマンション管理会社を上手に活用するべきであろう。管理会社の利用で料金が必要になる一方で、計画的に清掃とメンテナンスが行える点が魅力的である。したがって建物の劣化を避けて、20年以上安定した賃貸経営が行えるであろう。しかし複数の一棟売りマンションを所有するプロの投資家であれば、自主管理も行いながらコストカットを徹底的に進めるべきであろう。また管理会社を探す場合にも、複数の業者に見積もりを依頼したり適宜契約業者を変えることで、管理コストの削減が可能であろう。