レディ

注射だけで輪郭がすっきり

先生

筋肉が張っている人に有効

綺麗な顔の条件のひとつとしては、輪郭が美しいということもあげられますが、顎が出ているという人もありますし、エラが張っていて顔が大きく見えるという悩みを持つ人も少なくないものです。顔が小さい人は実際よりもスリムに見える、全体のスタイルが良く見えることもあり小顔に憧れる人は多いですが、マッサージなどの努力をしていてもなかなか小さくならないと悩む人もあります。エラが目立っている場合はメイクで輪郭にシャドウを入れたり、ヘアスタイルでもある程度カバーしたりすることはできますがエラそのものを小さくするのは難しいものがあります。エラが張っている原因は大きく分けて二つあり、そのひとつは骨が出っ張っているというものがあります。この場合は骨削りの治療を行うなどしないと改善は難しいですし、手術も美容整形の中でも特に大掛かりで治療にも時間がかかる傾向にあります。そしてダウンタイムもありますのですっきりとした理想の輪郭を手に入れるにはそれなりの期間も必要です。エラが張っているもうひとつの原因は骨格ではなく、筋肉が発達し過ぎているということもあげられます。歯を食いしばる癖があるなどで咬筋が発達し過ぎている人は骨格には問題がないので骨削りの治療は有効ではありません。筋肉が発達している人はエラにボトックス注射を行うことで筋肉を細くすることができ、すっきりとした輪郭を手に入れることができます。ボトックスは表情で目立つしわを目立たなくする施術として高い人気となっていますが、筋肉の働きを抑えることができますのでエラはもちろん、筋肉で太くなったふくらはぎの痩身にも役立てられています。ボトックスは咬筋が発達しているエラ部分に直接注射を行うだけですので施術時間も短く、ダウンタイムもほとんどありませんのですぐに普段の生活に戻ることができます。そして顔にメスを入れることなく針も極細のものが使われますので顔に大きな傷が残る心配もありません。ボトックスをエラに打った場合も、効果は少しずつ表れていきますので急激に顔が変わることもなくダイエットしたかのような自然な痩身を得ることができます。さらに咬筋の働きが弱まることで食いしばりや就寝中の歯ぎしりを防ぐ効果も期待できます。ボトックスをエラに行った場合は永久的に効果が持続するというわけではありませんが、一回の施術で数か月程度は効果が持続するとされています。効果を持続させるためには、繰り返し施術を行う必要もありますが、施術を繰り返していくことで咬筋も縮小されていきますので効果も持続しやすくなるとされています。エラを小さくする施術を希望している人はまずは診察を受け、骨格が原因しているのか筋肉が発達しているのかを判断してもらい、それぞれに応じた治療を選びましょう。ボトックスをエラに注入する方法は美容整形としては手軽に行えるというイメージもありますが、理想の仕上がりにするにはそれぞれに応じた注入量が必要ですし、打つ場所によっても仕上がりは変わってきます。良い仕上がりにするためにも技術力が高い医師が在籍しているクリニック、良質な薬剤を用意しているクリニックを選びましょう。